「私たちの宣言」

「三郷特別支援学校の宣言」

私たちは、一人ひとりを大切にする指導の充実のために、障害特性の理解と児童生徒の丁寧な実態把握、信頼関係づくりに努め、PDCAサイクルに基づく教育活動に取り組んでいきます。
そのために保護者や地域との連携を深めるとともに、『個別の教育支援計画(プランA)、個別の指導計画(プランB)に基づく授業実践と授業改革』を、学級担任・教科担当・学部研修等で推進し、特別支援教育の専門性とチーム力の向上に努めていきます。

 

沿革

本校の沿革をPDF形式で記載しております。

沿革.pdf
 

校歌

 
 

◎ 本校は、昭和54年4月に県立川口養護学校三郷分校
として開設され、翌年県立三郷養護学校として開校しました。
平成21年4月に「埼玉県立三郷特別支援学校」と校名変更
しました。
◎ 本校には、小学部・中学部・高等部があり、それぞれの
発達段階や個々の障害に応じた適切な教育を行うことに
より、社会に自立できる能力を養います。
◎ 児童生徒は3市(三郷市・八潮市・吉川市)からスクール
バスを利用して通学しています。中学部や高等部では社会
自立への一歩として、徒歩・自転車を含め公の交通機関
を利用して自らの力で通学する自主通学の指導を行って
います。
 

校章


校章について
校舎外壁右面のシンボルマーク(型は子供をあらわし養護学校の意はY型で表している)を基本に据えさらに校章らしくデザイン化する過程で、三郷の地名をも包含し養護学校のY型を鳥の翼に似せ「子どもたちよおおらかに飛翔して下さい」の願いをこめ、鳥の翼に抱かれた子供の真中に三郷の三の字を取り入れた。
昭和55年5月9日制定  考案者 国分田鶴子(制定当時本校教諭)